カスペルスキーがインストールされたコンピューターで Windows Defender が無効化されていることを確認する(Windows 10)

 

記事一覧: Windows

 
 
 

カスペルスキーがインストールされたコンピューターで Windows Defender が無効化されていることを確認する(Windows 10)

"Windows"へ戻る
更新日: 2019年11月13日 Article ID: 13341
 
 
 
 

カスペルスキー製品をインストールすると、Windows 10 のセキュリティ機能である Windows Defender が自動的に無効化され、それ以降は、カスペルスキー製品によってコンピューターが保護されるようになります。

Windows Defender が無効化されているかを確認するには、本サポートページに記載の手順を行います。

 
 
 
 

  • 本サポートページは、May 2019 Update が適用された Windows 10 19H1(バージョン 1903)を用いて作成しています。旧バージョンの Windows 10 をご利用の場合など、ご利用環境により手順が異なる場合があります。
  • Windows Defender は Windows 10 の機能です。途中でエラーが表示されるなど問題が発生した場合には、ご利用コンピューターのサポート窓口、または Microsoft のサポート窓口 へのお問い合わせをお願いします。


手順 1

[ "スタート" ボタン ] - [ "設定" アイコン ] の順にクリックします。 


13341_01_jp



手順 2

更新とセキュリティ ] をクリックします。


13341_02_jp



手順 3

[ Windows セキュリティ ] - [ Windows セキュリティを開く ] の順にクリックします。


13341_03_jp


[ ウイルスと脅威の防止 ] - [ Windows Defender ウイルス対策のオプション ] の順にクリックし、表示された項目が [ オフ ] になっているかご確認ください。[ オフ ] の場合、Windows Defender は 無効化 されています。

[ オン ] の場合は、スイッチをクリックして [ オフ ] にします。


13341_04_jp

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了