Protected Process Light(PPL)技術に関して

 

 

記事一覧: Windows

 
 
 

Protected Process Light(PPL)技術に関して

"Windows"へ戻る
更新日: 2019 4 23 Article ID: 13905
 
 
 
 

Protected Process Light(PPL)技術は、Windows 8.1 から実装されたオペレーティングシステムが信頼できるサービスとプロセスのみを読み込む技術で、 Windows の要件を満たす署名が必要になります。この Protected Process Light(PPL)技術は、実行中のプロセスを保護し、悪意のあるコードによる感染や他の潜在的な危険から保護します。

保護されるプロセスには、以下が含まれます:

  • シャットダウン
  • ストリーム・デプロイメント
  • 仮想メモリへのアクセス
  • デバッギング
  • ディスクリプタのコピー
  • ワーキングセットの変更
  • スレッドの現在の状態に関する情報の変更と受信
  • スレッドの偽装(別アカウントでプロセススレッドの実行)

また、Protected Process Light(PPL)技術は、セルフディフェンス機能(カスペルスキー製品のプロセスに侵入することを防ぐ機能)やファイルの整合性を制御する技術でも使用されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了