Tweaker(チューンナップユーティリティ)とは?

 

記事一覧: Windows

 
 
 

Tweaker(チューンナップユーティリティ)とは?

"Windows"へ戻る
更新日: 2020年10月22日 Article ID: 2822
 
 
 
 

Tweaker は、オペレーティングシステムや特定のプログラムのプロテクション設定の調整や微細チューニングが可能な特別なユーティリティです。たとえばシステム起動のチューニングプログラムやレジストリオプティマイザーなどの機能があります。

設定は、レジストリキーや設定ファイル値の変更により行われます。

Tweaker は、次の操作を行うときに役立ちます:

  • コンピューターのパフォーマンスの向上
  • アプリケーションのインストール
  • システムに関する詳細情報の取得
  • スタートアッププログラム管理
  • デスクトップの様々なパラメーターの設定
  • 電源とセキュリティーの管理

一方で、Tweaker はコンピューターをコントロールしてサイバー犯罪に利用される可能性があります。オペレーティングシステムやプログラムのぜい弱性を利用してサイバー犯罪者がコンピューターにアクセスし、インストールされている Tweaker を使用して無関係な(悪意のある)スクリプトを実行することも考えられます。

このような危険性から保護するために、カスペルスキー製品の設定の [ 全般 ] セクションで、[ 推奨される処理を自動的に実行する ] 項目がデフォルトで オン に設定されています。この項目が オン に設定されていると、危険なイベントが発生した際、アプリケーションは Kaspersky Lab のスペシャリストが推奨するアクションを自動的に実行します。ただし、チェックボックスが オフ に設定されている場合、プログラムは危険または疑わしいイベントが発生したときに処理方法の選択をユーザーに求めます。その際は、画面上に表示されるメッセージに注意してください。プログラムを開始していない場合は、無効にすることをお勧めします。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了