カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 の アプリケーションマネージャーを使用して不要なインストールをブロックする方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 の アプリケーションマネージャーを使用して不要なインストールをブロックする方法

"プロテクション"へ戻る
2017 10月 05 Article ID: 13625
 
 
 
 

ホームページや検索エンジンが気付かないうちに変更されてしまったり、広告バナーが Web サイトに表示されるようになった場合は、お使いのコンピューターにアドウェアがインストールされた可能性があります。これは、アプリケーションのインストール中にチェックボックスを見逃してしまい、別のアプリケーションをインストールしたり、ブラウザーの設定(ホームページや既定の検索エンジン)を変更する権限を与えたりすることに同意してしまったときに発生します。このような手法は、悪意のあるソフトウェアでよく見られます。

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 のアプリケーションマネージャー機能は、インストール中にこのような変更を検知してブロックします。

知らないうちにインストールされたアプリケーションを見つけて削除するには、ソフトウェアクリーナーでインストール済みソフトウェアの解析を実行します。

 
 
 
 
 

オペレーティングシステムおよびブラウザーの設定の変更をブロックする方法

 
 
 
 
 

制限事項

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了