Windows 10 Creators Update(Redstone 2)のOOBE モードにおけるカスペルスキー インターネット セキュリティ 2018の動作について

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018

 
 
 

Windows 10 Creators Update(Redstone 2)のOOBE モードにおけるカスペルスキー インターネット セキュリティ 2018の動作について

"Windows 10 対応"へ戻る
2017 9月 27 Article ID: 13643
 
 
 
 

Windows 10 Creators Update(Redstone 2)にアップグレードした後は 、OOBE(Out Of Box Experience)ウィザードを終了しないと、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 のコンポーネントやプロセスを起動できません。

本製品のコンポーネントおよびプロセスには、以下のものがあります:
  • 製品のインターフェイス
  • ファイル保護
  • メール保護
  • メッセンジャー保護
  • アップデート
  • ヒューリスティック保護
  • プロアクティブディフェンス
  • 脆弱性攻撃ブロック
  • アプリケーションコントロール
  • 不正ロック対策
  • ルートキットからの保護
  • ファイアウォール
  • ネットワークモニター
  • 危険サイト診断
  • 保護されたブラウザー
  • ネット決済保護
  • Kaspersky Security Network
  • 迷惑メール対策
  • バナー広告対策
  • Web トラッキング防止
  • フィッシングからの保護
  • セキュリティキーボード
  • データ入力の保護
  • 保護者による管理
  • パスワードによる保護
  • 詳細設定
  • スキャン設定
  • パフォーマンス設定
  • タスクマネージャー
  • Wi-Fi のセキュリティ通知
  • SNS(Facebook、Twitter、VKontakte など)
  • マイ カスペルスキー Web ポータル

本製品が OOBE ウィザードの完了を示す情報を受け取らない場合、上記すべてのコンポーネントとプロセスは、タイムアウト(15 分)後、有効になります。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了