SuSE Linux がインストールされている仮想マシンのスキャンにかかる時間が増加する場合(Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless)

 

Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless

 
 
 

SuSE Linux がインストールされている仮想マシンのスキャンにかかる時間が増加する場合(Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless)

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2021年11月26日 Article ID: 15291
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security for Virtualization 6.1 Agentless
  • Kaspersky Security for Virtualization 6.0 Agentless
 
 
 
 

SuSE Linux がインストールされている仮想マシンのスキャンにかかる時間が増加する。

原因

SuSE Linux の仮想マシンのスナップショットは自動生成される仕様となっており、各スナップショットには OS のシステムファイルが含まれます。そのため、スナップショットが増えるごとにスキャン対象となるファイルも増加し、df コマンドで表示されるファイルの量とは異なる場合があります。

対応方法

スキャン時間を減らすためには、スキャンタスクの除外対象へ /.snapshots/ フォルダを追加してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了