Integration Server に接続するためのポートを変更する方法(Kaspersky Security for Virtualization 6.х Agentless)

 

Kaspersky Security for Virtualization 6.x Agentless

 
 
 

Integration Server に接続するためのポートを変更する方法(Kaspersky Security for Virtualization 6.х Agentless)

"設定 / 操作方法"へ戻る
更新日: 2021年07月05日 Article ID: 15734
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security for Virtualization 6.1 Agentless
 
 
 
 

Integration Server に接続するためのポートを変更するには、管理者権限を持つアカウントを使用して次の手順を行います:

  1. 次のコマンドを実行し、Integration Server に接続するためのパラメーターを表示します:

C:\Windows\system32>netsh http show sslcert

  1. 次のパラメータの値を保存します:IP:port, Certificate Hash, Application ID

SSL Certificate bindings:
-------------------------
    IP:port                 : 0.0.0.0:7271
    Certificate Hash        : ccd9c9c661c8e3da4fc567da48f3a06e708a7654
    Application ID          : {c1e1e87f-1818-4ac3-897b-a8e10f790659}
    Certificate Store Name  : My

  1. viis サービスを停止します:

net stop viis

  1. 現在の証明書を削除します。削除するには、以前の IP:port の値を使用します。

netsh http delete sslcert ipport=0.0.0.0:7271

  1. 前の手順で取得した Certificate Hash と Application ID の値を使用し、新しいポートを設定します:

netsh http add sslcert ipport=0.0.0.0:7654 certhash=ccd9c9c661c8e3da4fc567da48f3a06e708a7654 appid={c1e1e87f-1818-4ac3-897b-a8e10f790659} 

PowerShell からコマンドを実行する場合は、"パラメーターが間違っています" エラーが表示されないようにするため、appid='{<value>}' パラメーターの値を引用符で囲んでください。

  1. 以前のポートを使用する予定がない場合は、そのポートへのアクセスをブロックします:

netsh http delete urlacl url=https://*:7271/

  1. ネットワークサービスに新しいポートへのアクセスを許可します:

netsh http add urlacl url=https://*:7654/ user="NETWORK SERVICE"

  1. C:\Program Files (x86)\Kaspersky Lab\Kaspersky VIIS を開き、Integration Server の設定ファイル viislaservice.exe.config を探します。そのファイルの次の行に、新しいポートの値を設定します:

<add key="address" value="https://localhost:7654/"/>

  1. viis サービスを再実行します:

net start viis

Integration Server に接続するためのポートが変更されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了