「使用許諾契約書に適合していない部分があるため、この操作を実行できません」というメッセージが表示される

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

「使用許諾契約書に適合していない部分があるため、この操作を実行できません」というメッセージが表示される

"MDM"へ戻る
2019 1月 31 Article ID: 10182
 
 
 
 

説明

iOS デバイスまたは ActiveSync のプロファイル作成時に、以下のエラーが発生することがあります:

使用許諾契約書に適合していない部分があるため、この操作を実行できません

理由

管理サーバーに、モバイルデバイス管理を行うためのライセンスがありません。

利用可能なライセンスをチェックするには:


  1. 管理コンソール管理サーバーのプロパティを開きます。
  2. ライセンス]セクションに移動します。
  3. 現在のライセンス]の[詳細]をクリックします。 
  4. ライセンス数の上限]ウィンドウに表示されたデータを確認します。 

Kaspersky Security Center 10 は、Select ライセンスまたは Advanced ライセンスが利用可能な場合、モバイルデバイス管理をサポートします。この場合、[ライセンス数の上限]ウィンドウに、モバイルデバイス管理の制限の名前と同時に管理できるモバイルデバイスの数が表示されます。

Kaspersky Security Center 10 のライセンス種別の詳細については、この記事を参照してください

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了