Kaspersky Small Office Security 3 for File Server の管理コンソールからの定義データベースとアプリケーションモジュールの遠隔アップデート

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Server の管理コンソールからの定義データベースとアプリケーションモジュールの遠隔アップデート

"管理コンソール"へ戻る
2014 5月 29 Article ID: 10453
 
 
 
 

管理コンソール を使用して、ネットワークに接続されたコンピューターの Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のアップデートを遠隔管理できます。アップデート方法は以下から選択できます:

  • 各ネットワークコンピューターに個別にアップデートをダウンロードする:この場合、ネットワーク上のすべてのコンピューターで、定義データベースをアップデートするためにインターネットアクセスが必要です。
  • 専用のアップデートサーバーからアップデートする:このモードが有効な場合、1 台のコンピューターのみが Kaspersky Lab のサーバーからアップデートファイルをダウンロードします。他のコンピューターは最初のコンピューターのローカルフォルダーから定義データベースをアップデートできます。
 
 
 
 
 

1.アップデートサーバーを割り当てる方法

 
 
 
 
 

2.アップデート元を指定する方法

 
 
 
 
 

3.コンピューターのグループでアップデートを実行する方法

 
 
 
 
 

4.1 台のコンピューターでアップデートを実行する方法

 
 
 
 
 

5.ネットワークに接続されたコンピューターのアップデート方法を設定する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了