Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows でドライバーの名前を変更する方法

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows でドライバーの名前を変更する方法

"トラブルシューティング"へ戻る
2018 11月 01 Article ID: 10602
 
 
 
 

本記事は Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のすべてのバージョンに適用されます。

 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 で問題を診断するために、テクニカルサポートが Kaspersky Endpoint Security 10 で使用されるドライバーの名前の変更をお願いすることがあります。

ドライバーの名前を変更するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security 10 を開き、このコンピューターにポリシーが適用されていないことを確認します。
  2. 設定]タブを開き、[詳細設定]をクリックします。[セルフディフェンスを有効にする]をオフにして、[保存]をクリックします。

Changing the Kaspersky Endpoint Security 10 settings.



  1. タスクバーで Kaspersky Endpoint Security 10 のコンテキストメニューを開いて[終了]を選択します。
  2. %WinDir%\System32\drivers を開きます。
  3. テクニカルサポートが指定したドライバーを選択します。
  4. 項目を右クリックし、[名前の変更]を選択します。
  5. ドライバーの現在の名前のあとに、アンダースコア(_)を追加します。
  6. コンピューターを再起動します。
  7. Kaspersky Endpoint Security 10 を実行して、コンピューターの機能にどのように影響するか確認します。
  8. 次のドライバーの名前を変更します。

各ドライバーの名前を変更したら、コンピューターを再起動します。これにより、どのドライバーが誤作動の原因になっているのか見つけることができます。トラブルシューティングのあとで、ファイルの名前を元に戻します。

 
 
 
 
 

コンピューターがポリシーに従って動作している場合

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了