Kaspersky Security Center 10 Service Pack 1 (バージョン 10.2.434): パッチ D のリリース

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 1 (バージョン 10.2.434): パッチ D のリリース

"リリース情報"へ戻る
更新日: 2020年01月30日 Article ID: 12425
 
 
 
 

Kaspersky Security Center Service Pack 1 向けの パッチ D を2015年10月7日に公開されました。 Kaspersky Security Center Web  コンソール の新バージョンは、 パッチ D により問題が修正された状態でリリースされます。

パッチ D は以下で構成されています:

  • 管理コンソール 用パッチ ( patch_10_2_434_console_d.zip )  - 管理コンソール がインストールされ、 管理サーバー がインストールされていないコンピューターに適用されます。
  • ネットワークエージェント 用パッチ ( patch_10_2_434_nagent_d.zip )    - ネットワークエージェント がインストールされ、 管理サーバー がインストールされていないコンピューターに適用されます。
  • 管理サーバー 用パッチ ( patch_10_2_434_server_d.zip )    - 管理サーバー がインストールされているコンピューターに適用されます。 管理コンソール 用パッチおよび ネットワークエージェント 用パッチを含みます。
  • Exchange ActiveSync モバイルデバイスサーバー 用パッチ ( patch_10_2_434_exchange_d.exe ).
  • iOS MDM サーバー 用パッチ ( patch_10_2_434_iOS_MDM_d.exe ).

管理サーバー に 最新の Kaspersky Security Center Web コンソール  ( 10.0.144 ) をインストール前に、古いバージョンの Kaspersky Security Center Web コンソール を削除しておく必要があります。

パッチ D は パッチ А, パッチ B, そして パッチ C の修正を含む累積パッチです。 

注記! パッチ D をインストールした後、一部のファイルはバージョン  10.2.578  に更新されます。 管理コンソール に表示されるバージョン番号は  10.2.434  のままです。

 

 
 
 
 
 

1. 機能強化と修正点

 
 
 
 
 

2. パッチ D のインストール方法

 
 
 
 
 

3. パッチがインストールされているかを確認する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了