Kaspersky Endpoint Security でローカルタスクを表示、管理する方法

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security でローカルタスクを表示、管理する方法

"設定 / 操作方法"へ戻る
2015 10月 09 Article ID: 12435
 
 
 
 

説明

Kaspersky Security Center 10 Service pack 1 (以降 KSC10SP1) にて、Kaspersky Endpoint Security(以降KES) に対してポリシーを適用すると、既定では KES のローカルタスクは非表示となり(「オブジェクトスキャン」は除く)、開始することができません。
しかし、KES を使用する利用者がローカルタスクを表示、実行したい場合、ポリシーにて以下の設定を実施することで実現が可能となります。


設定手順

1. KSC10SP1 管理コンソールを開きます。

2. KESに対して適用しているポリシーのプロパティを開きます。
KSC10SP1_12435_01_JP

3. 「詳細設定」-「アプリケーション設定」を開きます。

4. 「ローカルタスクの表示および管理を許可する(オブジェクトスキャンを除く)」にチェックを入れます。

5. 「OK」をクリックして保存しプロパティを閉じます。

KSC10SP1_12435_02_JP

設定は以上になります。ポリシー適用後、KESにローカルタスクが表示され、利用者にてタスクの開始、終了を実施することができます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了