犯罪者に使用される可能性のあるソフトウェアを Kaspersky Security 10 for Windows Server で検出する方法

 

 

Kaspersky Security 10.x for Windows Server

 
 
 

犯罪者に使用される可能性のあるソフトウェアを Kaspersky Security 10 for Windows Server で検出する方法

"全般情報"へ戻る
2017 4月 04 Article ID: 13078
 
 
 
 

犯罪者に使用される可能性のあるソフトウェア を Kaspersky Security 10 for Windows Server で検出するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のコンソールを開きます。
  2. リアルタイム保護] - [ファイルのリアルタイム保護]を順に選択し、[プロパティ]をクリックします。

ksws10_13078_01

  1. タスクの設定]ウィンドウで、[信頼ゾーンを適用する]がオンになっていることを確認し、リンクをクリックします。

ksws10_13078_02

  1. 信頼ゾーン]ウィンドウで、「not-a-virus.*」の行のチェックボックスをオフにして、[OK]をクリックします。

ksws10_13078_03

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了