コマンドラインから Kaspersky Security for Vritualization 4.0 Light Agent Linux を管理する方法

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Light Agent

 
 
 

コマンドラインから Kaspersky Security for Vritualization 4.0 Light Agent Linux を管理する方法

"管理方法"へ戻る
2017 6月 16 Article ID: 13170
 
 
 
 
Linux用Light Agentの管理には、以下のコマンドラインからコマンドを使用できます。
  • HELP — Kaspersky Securityのコマンドに関するヘルプを表示します。
  • LICЕNSE — SVM に関するライセンス情報を表示します。
  • LIST — バックアップ領域内のファイルのリストを表示します。
  • RESTORE — ファイルをバックアップ領域から復元します。
  • SCAN — ウイルス対策スキャンをSVM上で実行します。
  • STATISTICS — アップデートタスクの統計を表示します。
  • STATUS — アップデートタスクの現在のステータスを表示します。
  • START — アップデートタスクを実行します。
  • STOP — アップデートタスクを停止します。
  • SVMINFO — VMが接続しているSVMに関する情報を表示します。
  • TRACE — 保護されたVMのトレースを有効または無効にします。
  • UPDATE — アップデートタスクを追加のパラメータで実行します。
 
 
 
 
 

HELP

 
 
 
 
 

LICЕNSE

 
 
 
 
 

LIST

 
 
 
 
 

RESTORE

 
 
 
 
 

SCAN

 
 
 
 
 

STATISTICS

 
 
 
 
 

STATUS

 
 
 
 
 

SVMINFO

 
 
 
 
 

TRACE

 
 
 
 
 

UPDATE

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了