Kaspersky Security 4.0 Light Agent のウェブコントロール機能のコンテンツカテゴリ

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security 4.0 Light Agent のウェブコントロール機能のコンテンツカテゴリ

"一般情報"へ戻る
2017 5月 25 Article ID: 13175
 
 
 
 

Kaspersky Security 4.0 Light Agent のウェブコントロールにより、コンテンツがどのカテゴリに属するかに基づいて仮想マシンユーザーの Web サイトへのアクセスを管理および制限できます。

コンテンツ制限を適用するため、本製品は専用のウェブコンテンツカテゴリを使用します。
カテゴリ名は条件付きで、カスペルスキーの Web サイトおよびカスペルスキー製品でのみ使用されます。カテゴリ名は、適用される法律によってその用語に与えらる定義と対応しない場合があります。
1 つの Web サイトが複数のカテゴリに当てはまることもあります。カテゴリ重複の最も一般的なケースは以下の説明で示します。
 
 
 
 
 

1.アダルト

 
 
 
 
 

2.ソフトウェア、音楽、映像

 
 
 
 
 

3.アルコール、タバコ、麻薬

 
 
 
 
 

4.暴力

 
 
 
 
 

5.武器、爆発物、花火

 
 
 
 
 

6.過激な表現、わいせつな表現

 
 
 
 
 

7.ギャンブル、宝くじ

 
 
 
 
 

8.インターネットコミュニケーション

 
 
 
 
 

9.電子商取引

 
 
 
 
 

10.求人サイト

 
 
 
 
 

11.HTTP クエリのリダイレクト

 
 
 
 
 

12.コンピューターゲーム

 
 
 
 
 

13.宗教、宗教団体

 
 
 
 
 

14.ニュース

 
 
 
 
 

15.バナー

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了