Kaspersky Security Center 10 から Windows Server Core にアップデートをインストールする際のエラーについて

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 から Windows Server Core にアップデートをインストールする際のエラーについて

"エラー"へ戻る
2019 3 15 Article ID: 13947
 
 
 
 

Windows Server Core で動作するコンピューターで、[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクによりエラーが表示されることがあります。

原因:

Windows Server Core へのインストールがサポートされていないアプリケーションがいくつかあります。Windows Server Core のサポートについて、アプリケーションの製造元から情報を入手できます。

解決方法:

Windows Server Core を実行するコンピューターを、[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクの範囲から除外してください。これらのコンピューターに対して別のタスクを作成するか、アップデートを手動でインストールします。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了