Kaspersky Security for Windows Server 10.1へのアップグレード時の留意点

 

Kaspersky Security 10.x for Windows Server

 
 
 

Kaspersky Security for Windows Server 10.1へのアップグレード時の留意点

"全般情報"へ戻る
2018 9月 03 Article ID: 14312
 
 
 
 

Kaspersky Security for Windows Server 10.1 には、以下のバージョンから移行できます:

  • Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition(8.0.0.559)
  • Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition MR1(8.0.1.923)
  • Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition MR2(8.0.2.213)
  • Kaspersky Security for Windows Server(10.0.0.486)
 
 
 
 
 

アプリケーション設定の移行

 
 
 
 
 

管理ツールのアップデート

 
 
 
 
 

バージョン 10.1 のコンソールは、本製品の以前のバージョンを管理できます。

 
 
 
 
 

Kaspersky Security Network(KSN)声明

 
 
 
 
 

ライセンス

 
 
 
 
 

移行中のインストール設定

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了