Windows 10 にアップグレードした後の OOBE モードにおける カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の制限事項

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019

 
 
 

Windows 10 にアップグレードした後の OOBE モードにおける カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の制限事項

"Windows 10 対応"へ戻る
2018 9月 10 Article ID: 14315
 
 
 
 

オペレーティングシステムを Windows 10 にアップグレードした後は、OOBE(Out Of Box Experience)ウィザードが終了しなければ、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 のコンポーネントおよびプロセスは起動できません。

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 のコンポーネントおよびプロセスには、以下があります:

  • 製品のインターフェイス
  • ファイル保護
  • メール保護
  • メッセンジャー保護
  • アップデート
  • ヒューリスティック保護
  • プロアクティブディフェンス
  • 脆弱性攻撃ブロック
  • アプリケーションコントロール
  • 不正ロック対策
  • ルートキットからの保護
  • ファイアウォール
  • ネットワークモニター
  • 危険サイト診断
  • 保護されたブラウザー
  • ネット決済保護
  • Kaspersky Security Network
  • 迷惑メール対策
  • バナー広告対策
  • Web トラッキング防止
  • フィッシングからの保護
  • セキュリティキーボード
  • データ入力の保護
  • 保護者による管理
  • パスワードによる保護
  • 詳細設定
  • スキャン設定
  • パフォーマンス設定
  • タスクマネージャー
  • Wi-Fi のセキュリティ通知
  • カスペルスキー プロテクション センター サービス
  • SNS(Facebook、Twitter、VKontakte など)
  • マイ カスペルスキー Web ポータル

本製品が OOBE ウィザードの完了を示す情報を受け取らない場合、上記のすべてのコンポーネントとプロセスは、タイムアウト(15 分)後に有効になります。

 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了