AWSでKaspersky Hybrid Cloud Securityを展開する方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

AWSでKaspersky Hybrid Cloud Securityを展開する方法

"Hybrid Cloud Security"へ戻る
更新日: 2019年10月24日 Article ID: 14334
 
 
 
 

Amazon Web Service(AWS)マーケットプレイスでのKaspersky Hybrid Cloud SecurityKHCS)は、EC2インスタンスを保護することを目的としています。

Kaspersky Hybrid Cloud Securityには次のアプリケーションが含まれています。

  • Kaspersky Security Center –管理サーバー
  • Kaspersky Security for Windows Sever – Windows Security Agent
  • Kaspersky Endpoint Security for Linux – Linux Security Agent

Kaspersky Hybrid Cloud Securityを展開後に、AWSインフラストラクチャ用に設定された仮想マシンが入手できます。仮想マシンにはKaspersky Security Centerがインストールされています。AWS EC2インスタンスの展開およびセキュリティ管理のために管理コンソールにアクセスできるようにするためには、該当の端末からRDP経由で管理サーバーに接続する必要があります。

BYOLバージョンには有効なソフトウェアライセンスが必要です。

ライセンスをご購入頂く際の販売店は こちらからご確認頂くことが可能です。

 
 
 
 
 

KHCS向けにAWSクラウド環境を構築する

 
 
 
 
 

KHCSを登録する

 
 
 
 
 

AWSクラウド環境を保護するため、管理サーバーの設定を行います

 
 
 
 
 

EC2インスタンスにプロテクションを展開します

 
 
 
 
 

サポート

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了