Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781): パッチ Aリリース

 

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781): パッチ Aリリース

"パッチ / 製品情報"へ戻る
2019 1月 31 Article ID: 14840
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781)のパッチ A を2018年11月30日にリリースしました。

パッチAには以下が含まれます:

  • 管理コンソール用パッチ (patch_10_5_1781_console_a.zip) 管理コンソールがインストールされているコンピューターへの適用が必要です(管理サーバーへの適用は不要)。
  • ネットワークエージェント用パッチ (patch_10_5_1781_nagent_a.zip) 管理サーバーがインストールされた端末を除く、ネットワークエージェントがインストールされている管理対象デバイスへの適用が必要です。
  • 管理サーバー用パッチ (patch_10_5_1781_server_a.zip) 管理サーバーをインストールしたコンピューターへの適用が必要です。本パッチには、管理コンソール用、ネットワークエージェント用のパッチが含まれます。
  • iOS MDM モバイルバイスサーバー用パッチ(patch_10_5_1781_iOS_MDM_a.zip).

パッチAをインストールすると、一部のファイルのバージョンが変更されますが、管理コンソール上ではバージョン10.5.1781と表示されます。

 
 
 
 
 

修正点と改良点

 
 
 
 
 

インストール手順

 
 
 
 
 

パッチがインストールされているかどうかを確認する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了