Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781): パッチ Aリリース

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781): パッチ Aリリース

"リリース情報"へ戻る
2019 1月 31 Article ID: 14840
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781)のパッチ A を2018年11月30日にリリースしました。

パッチAには以下が含まれます:

  • 管理コンソール用パッチ (patch_10_5_1781_console_a.zip) 管理コンソールがインストールされているコンピューターへの適用が必要です(管理サーバーへの適用は不要)。
  • ネットワークエージェント用パッチ (patch_10_5_1781_nagent_a.zip) 管理サーバーがインストールされた端末を除く、ネットワークエージェントがインストールされている管理対象デバイスへの適用が必要です。
  • 管理サーバー用パッチ (patch_10_5_1781_server_a.zip) 管理サーバーをインストールしたコンピューターへの適用が必要です。本パッチには、管理コンソール用、ネットワークエージェント用のパッチが含まれます。
  • iOS MDM モバイルバイスサーバー用パッチ(patch_10_5_1781_iOS_MDM_a.zip).

パッチAをインストールすると、一部のファイルのバージョンが変更されますが、管理コンソール上ではバージョン10.5.1781と表示されます。

 
 
 
 
 

修正点と改良点

 
 
 
 
 

インストール手順

 
 
 
 
 

パッチがインストールされているかどうかを確認する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了