Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac バージョン 11.0.0.501 の修正プログラム C

 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac バージョン 11.0.0.501 の修正プログラム C

"リリース情報"へ戻る
更新日: 2019年11月07日 Article ID: 15318
 
 
 
 

修正プログラム C

2019年11月8日、Kaspersky Endpoint Security 11 for Mac Patch C を公開しました。この Patch C には以下が含まれます。

  • ディスクへのフルアクセスの必要性を示すステータスが Kaspersky Security Center に送信されない問題の修正
  • Network Agentのインストーラーにサポートされているオペレーティングシステムの正しいリストが含まれない問題の修正


パッチのインストール時の注意事項:

既に Kaspersky Endpoint Security for 11 for Mac がインストールされている場合、パッチCは Kaspersky Lab更新サーバーを介して自動的に配布されます。
また、これから Kaspersky Endpoint Security for 11 for Mac をインストールされる場合は、パッチC を含んだインストーラーをこちらよりダウンロードしインストールいただけます。



サポートされているオペレーティングシステム:

  • macOS 10.12 Sierra
  • macOS 10.13 High Sierra
  • macOS 10.14 Mojave
  • macOS 10.15 Catalina
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了