基本的なトラブルシューティング手順(Security 11 for Windows Server)

 

Kaspersky Security 11.x for Windows Server

 
 
 

基本的なトラブルシューティング手順(Security 11 for Windows Server)

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2021年10月11日 Article ID: 15744
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security 11.0.1 for Windows Server (バージョン 11.0.1.897)
  • Kaspersky Security 11.0.0 for Windows Server (バージョン 11.0.0.480)
 
 
 
 

Kaspersky Security for Windows Server を使用中に問題が発生した場合には、カスペルスキーのテクニカルサポートへ連絡していただく前に、本サポートページに記載の手順で診断を行い問題の解決を試みてください。診断手順については、フローチャート または こちらのステップ をご参照ください。

Flowchart for diagnostics of Kaspersky Security for Windows Server

 
 
 
 
 

ステップ 1. アプリケーションのコンポーネントを 1 つずつ無効にする

 
 
 
 
 

ステップ 2. Kaspersky Security Service を停止する

 
 
 
 
 

ステップ 3. 脆弱性攻撃ブロックを含めず製品を再インストールする

 
 
 
 
 

ステップ 4. 脆弱性攻撃ブロック と スクリプト監視を含めず製品を再インストールする

 
 
 
 
 

ステップ 5. トラブルシューティングを終了する

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了