Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition 感染したオブジェクトに適用する処置について

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition 感染したオブジェクトに適用する処置について

"設定 / 操作方法"へ戻る
2012 1月 23 Article ID: 4667
 
 
 
 

脅威の種類ごとに固有の定義や特徴があるので、 その種類に応じた処置を適用する必要があります。 また、脅威の種類によっては、感染駆除できないものもあります。 Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition では、感染したオブジェクトに対して以下の操作を実行できます:

  • 検出された脅威の種類に関係なく、選択した処置をアンチウイルスが適用するようにする
  • 推奨された処置を実行する - 脅威が検出されたファイルに適用する処置を、アンチウイルスに自動的に決定させます。 分析は、脅威の種類に基づいて実行されます。
  • 管理者が脅威の種類ごとに処置を適用する
一度に選択できる操作は、上記のうち 1 つだけです。
 
 
 
 
 

脅威のすべての種類に対して同じ処置を適用する場合

 
 
 
 
 

検出された脅威に適用する処置を Anti-Virus に決定させる場合

 
 
 
 
 

管理者が脅威の種類ごとに処置を適用する場合

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了