Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition の仮想保護領域について

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition の仮想保護領域について

"全般情報"へ戻る
2012 1月 23 Article ID: 4685
 
 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition では、物理的なストレージメディアだけでなく、一時的に接続されるディスク(共通クラスタディスクなど)や、アプリケーションやサービスによってサーバー上に動的に作成されるフォルダーおよびファイルもスキャンできます。
 
保護領域にすべてのサーバーオブジェクトが含まれている場合、これらの動的なノードは自動的に保護領域に含まれます。 また、Kaspersky Anti-Virus コンソールで任意の仮想ノードを手動で作成して、これらの動的なディスク、ファイル、またはフォルダー用の保護設定を設定することもできます。
 
これらの仮想ノード(ディスク、ファイル、またはフォルダー)は、Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition のコンソール内にだけ存在し、保護対象サーバーのファイルシステムには存在しません。
 
保護ノードを作成するときに、親フォルダーを選択せずにサブフォルダーやファイルをすべて選択した場合、動的なフォルダーやファイルは保護領域に自動的には含まれません。 このため、このフォルダーやファイルの「仮想コピー」を Kaspersky Anti-Virus で作成し、保護領域に追加する必要があります。
 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了