Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux の GUI における Statistics タブ

 

Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux の GUI における Statistics タブ

"クラシカルインターフェース"へ戻る
2014 4月 22 Article ID: 5521
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux

Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux  の GUI にある Statistics タブには、アプリケーション動作情報のすべての履歴が含まれています。

Total scanned

Kaspersky Endpoint Security がスキャンしたオブジェクトの総数。

Infected objects

検知した感染オブジェクトの総数。

Riskware objects

検知したリスクウェアオブジェクトの総数。

Suspicious objects

検知した疑わしいオブジェクトの総数。

Objects disinfected

Kaspersky Endpoint Security によって駆除されたオブジェクトの総数。

Objects not disinfected

Kaspersky Endpoint Security が駆除失敗したオブジェクトの総数。理由としては、a) 駆除不可能なオブジェクトタイプ b) 駆除できなかったオブジェクトタイプ c) 駆除エラー があります。

Threats found

検知した悪意あるプログラムの総数。たとえば Kaspersky Endpoint Security が 5つのオブジェクトから同じマルウェアを検知した場合に 5 と記録されます。

Objects quarantined

Kaspersky Endpoint Security によって隔離されたオブジェクトの総数。

Objects deleted

Kaspersky Endpoint Security によって削除されたオブジェクトの総数。

Object processing errors

Kaspersky Endpoint Security がエラーのために駆除失敗したオブジェクトの総数。

Password protected objects

Kaspersky Endpoint Security がパスワード保護されているなどの理由によりスキャンをスキップしたオブジェクトの総数。

Corrupted objects

Kaspersky Endpoint Security が、ファイルが破損しているためにスキャンをスキップしたオブジェクトの総数。 TOP 10 viruses 製品によって検知した最近のウイルス上位10個のリストです。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了