ネットワークエージェントのインストールトレースファイルを生成する方法

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

ネットワークエージェントのインストールトレースファイルを生成する方法

"技術的な記事"へ戻る
2012 11月 08 Article ID: 6840
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Serverネットワークエージェントのインストールトレースファイルを生成する方法:
  1. フォルダー /tmp/traces を作成します。または、このフォルダーが既に存在する場合は、フォルダーの中身を削除します。
     
  2. ネットワークエージェントのインストールを以下の方法で開始します:
     
    • rpm パッケージの場合:
       
      rpm -ihv /path/„{/klnagent-<version>.i386.rpm 2>&1 | tee /tmp/traces/klnagent.install
       
    • deb パッケージの場合:
       
      dpkg -i /path/„{/klnagent_<version>_i386.deb 2>&1 | tee /tmp/traces/klnagent.install
       
  3. ポストインストールスクリプトを以下の方法で開始します:
     
    /opt/kaspersky/klnagent/lib/bin/klnagent_setup.pl 2>&1 | tee /tmp/traces/klnagent.setup
     
  4. 生成されたトレースファイルをアーカイブに圧縮し、カスペルスキーのテクニカルサポートサービスに送信します:
     
    tar -jcf traces_nagent_install.tar.bz2 /tmp/traces

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了