カスペルスキー アンチウイルス でトレースログを取得する方法

 

カスペルスキー アンチウイルス

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス でトレースログを取得する方法

"トラブルシューティング"へ戻る
2012 10月 09 Article ID: 8671
 
 
 
 

関連製品:カスペルスキー アンチウイルス

目次:


警告テクニカルサポートのエキスパートによる指示なしに、以下の操作を行うことは推奨されません。意図せずに製品のトレースを有効にすると、ハードディスクの容量が大量に消費される場合があります。

カスペルスキー アンチウイルス をインストールすると、オペレーティングシステムの動作が不安定になる場合があります。たとえば、コンピューター起動時やタスクの開始時に、オペレーティングシステムの動作のエラーを通知するエラーメッセージが表示されます。この場合、最も可能性の高い原因は、コンピューターにインストールされているソフトウェアやドライバーとプログラムの競合です。

トレースファイルを取得する方法

タスクの実行中にエラーが発生する場合は、アプリケーションコンポーネントのトレースファイルを取得する必要があります:

  1. メインウィンドウを開きます
  2. ウィンドウ下部で、[サポート]リンクをクリックします。

  1. サポート]ウィンドウ下部で、[サポートツール]をクリックします。

  1. サポートツール]ウィンドウで、[トレースを有効にする]ボタンをクリックします。

  1. トレースのレベル]セクションでトレースレベルを選択します:
    • 重要
    • 推奨
    • すべて

    警告 テクニカルサポートが指示するトレースレベルを指定してください。テクニカルサポートから指示がない場合は、トレースレベルを[推奨]に設定することをお勧めします。

    • 問題が発生したときの状況を再現します。
    • 警告エラーの原因となったコンポーネント(またはそのサブシステム)を特定したら、トレースする前にカスペルスキー インターネット セキュリティ の問題のコンポーネント以外のすべてのコンポーネントを無効にする(たとえば、ウェブアンチウイルスコンポーネントの動作が正常でない場合、ウェブアンチウイルスを除くすべてのコンポーネントを無効にする)ことをお勧めします。

    • トレースを無効にする]ボタンをクリックします。

  1. すべてのプログラムウィンドウを閉じます。
  2. コンピューターを再起動します。

目次に移動

トレースファイルを検索する方法

作成されるトレースファイルには、log 拡張子が付きます。トレースファイルのファイル名形式は以下のとおりです:

[製品名].[製品バージョン]_[作成日]_[作成時刻]_[ランダムな記号].[トレースの種類]

例:

  • KAV.13.0.0.3370_06.25_14.01_3844.SRV.log
  • KAV.13.0.0.3370_06.25_14.01_2920.GUI.log

情報ご購入元のテクニカルサポートのエキスパートから、ファイル *HST.logKAV.13.0.0.3370_06.25_14.05_3984.HST.log など)の生成を求められる場合があります。ファイルの生成方法については、ご購入元のテクニカルサポートのエキスパートから指示されます。

トレースファイルは、以下のフォルダーに作成されます:

  • Windows Vista および 7 を実行している場合:
    1. 画面の左下隅にある[スタート]ボタンをクリックします。
    2. 検索行に「%ALLUSERSPROFILE%\Kaspersky Lab\」と入力し、Enter キーを押します。
    3. カスペルスキー]ウィンドウが開き、トレースファイルが表示されます。
  • Windows XP を実行している場合:
    1. 画面の左下隅にある[スタート]ボタンをクリックします。
    2. 表示されるメニューから[ファイル名を指定して実行]を選択します。
    3. 名前]フィールドに「%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\Kaspersky Lab\」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    4. カスペルスキー]ウィンドウが開き、トレースファイルが表示されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了