ローミングポリシーとは

 

Kaspersky Security Center

 
 
 

ローミングポリシーとは

"全般情報"へ戻る
2018 11月 07 Article ID: 9308
 
 
 
 

管理サーバーとクライアントホストの接続が切断された場合、ローミングポリシーが有効になります(定義されている場合のみ)。このポリシーは、ほとんどの時間をオフィス外で過ごすユーザーにとって特に便利です。

選択したポリシーをオフラインユーザーに適用するには、次の操作を実行します:

  • ポリシーのプロパティウィンドウで、[全般]セクションを開きます。
  • ポリシーのステータス]セクションで[ローミングポリシー]を選択します。

オンラインユーザーのポリシーは、クライアントホストにインストールされたネットワークエージェントが管理サーバーと接続を確立できる間に導入されます。エージェントが管理サーバーとの接続の確立(既定では 45 分以内)に 3 回失敗すると、エージェントは Kaspersky Endpoint Security が使用するポリシーをローミングポリシーに切り替えます(ローミングポリシーが作成され、クライアントホストに適用されている場合のみ)。ローミングポリシーが作成されていない場合、ホストはオンラインユーザー用のポリシーに従って稼働します。

同期間隔は、ネットワークエージェントポリシーで変更できます。

 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了