カスペルスキー アンチウイルス 2014 の低負荷スキャンを有効にする方法

 

カスペルスキー アンチウイルス 2014

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス 2014 の低負荷スキャンを有効にする方法

"パフォーマンス"へ戻る
2013 10月 09 Article ID: 9845
 
 
 
 

コンピューターのウイルスとぜい弱性のスキャンは、コンピューターのセキュリティを確保する上で最も重要なタスクの 1 つです。コンピューターの定期的なスキャンは、セキュリティ製品で発見されなかった悪意のあるアプリケーションが拡散する可能性を排除するために必要です。ぜい弱性スキャンは、オペレーティングシステムを診断し、悪意のあるプログラムの拡散や個人情報の取得などに悪用される可能性があるアプリケーションの機能を検知します。

カスペルスキー アンチウイルス 2014 には、[低負荷スキャン設定を有効にする]という特殊なオプションがあります。このオプションは、リソースを大量に消費するスキャンタスク(スケジュールされたスキャンなど)を、コンピューターがアイドル状態の間に実行するように設計されています。

コンピューターがバッテリーで稼働している場合は、アイドル状態でもスキャンは実行されません。

コンピューターがアイドル中に実行されるタスクは次のとおりです:

  • 定義データベースとモジュールのアップデート
  • システムメモリ、スタートアップオブジェクト、システムドライブのスキャン

低負荷スキャンは、ユーザーのログオフ時またはコンピューターのロック時に実行されます。スクリーンセーバーが 5 分以上表示されているときにも実行されます。

 
 
 
 
 

1. 低負荷スキャンの動作アルゴリズム

 
 
 
 
 

2. 低負荷スキャンを有効にする方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了