アクティブな感染:Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows Workstations のインストールに失敗する場合、コンピューターが感染している可能性があります。

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

アクティブな感染:Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows Workstations のインストールに失敗する場合、コンピューターが感染している可能性があります。

"インストール / 削除"へ戻る
2018 12月 12 Article ID: 11309
 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows をインストールするときに、コンピューターに存在するマルウェアがエラーを引き起こしている可能性があります。その種の悪意のあるプログラムは、アンチウイルスソフトウェアのインストールを妨害します。

Kaspersky Virus Removal Tool の使用

そのようなエラーの場合、 Kaspersky Virus Removal Tool を使用します:

  1. Kaspersky Virus Removal Toolダウンロード します。
  2. ツールを使用してコンピューターの感染を駆除します。

TDSSKiller の使用

ルートキットに対処するには、 TDSSKiller ユーティリティを使用します:

  1. TDSSKillerダウンロードします
  2. 感染したコンピューターで、ファイル TDSSKiller.exe を実行します。
  3. コンピューターがスキャンされ、感染が駆除されたら、再起動します。

Kaspersky Rescue Disk の使用

Kaspersky Virus Removal Tool または TDSSKiller がコンピューターの感染を駆除できなかった場合、 Kaspersky Rescue Disk を使用します。 Kaspersky Rescue Disk での作業を開始するには:

  1. Kaspersky Rescue Diskダウンロードします
  2. Kaspersky Rescue Disk を CD/DVD または USB ドライブ に保存し、そのメディアからコンピューターを起動します。


※ Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows におけるドライバーの起動が失敗した場合にも、インストールに失敗した旨のメッセージが表示される場合があります。

   上記ツールを実施してもウイルスが検知されない、継続して問題が発生する場合は、カスペルスキーコーポレートサポートセンターまでお問い合わせください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了