Kaspersky Security Center のインストール時に圧縮ドライブ上へデータベースを作成中に発生するエラー

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center のインストール時に圧縮ドライブ上へデータベースを作成中に発生するエラー

"エラー"へ戻る
更新日: 2020年08月06日 Article ID: 15485
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 12 (バージョン12.0.0.7734)
  • Kaspersky Security Center 11 (バージョン 11.0.0.1131)
  • Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 (バージョン 10.5.1781.0)
 
 
 
 

問題

管理サーバーのインストール時、データベースを作成中にエラーが発生してインストールが失敗する場合があります。

エラー例:

"Error has occurred while installing: Generic db error: "5118 '
{42000}
'The file "C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL12.SQLEXPRESS\MSSQL\DATA\KAV.mdf" is compressed but does not reside in a read-only database or filegroup. The file must be decompressed.' LastStatement='IF NOT EXISTS (SELECT name FROM master.dbo.sysdatabases WHERE name = 'KAV') CREATE DATABASE [KAV];'"."

解決方法

  1. 対応するデータベース管理システム(DBMS)のファイルが保存されているフォルダーのプロパティを開きます。
    例:C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL12.SQLEXPRESS\MSSQL\DATA\
  2. [ 全般 ] タブで [ 詳細設定 ] をクリックします。
  3. 内容を圧縮してディスク領域を節約する ] のチェックを オフ にし、[ OK ] - [ OK ] の順にクリックします。
  4. SQL Server サービス または エラーが発生したコンピューターを再起動します。
  5. もう一度、管理サーバーのインストールを行います。

解決しない場合には、カンパニーアカウント からテクニカルサポートにお問い合わせください。お問い合わせの前に、「テクニカルサポートへお問い合わせいただく前に」ページ をご参照の上、調査に必要なログファイル等の取得をお願い致します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了