カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 の入力情報漏洩防止の制限

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 の入力情報漏洩防止の制限

"トラブルシューティング"へ戻る
2015 10月 15 Article ID: 12000
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 の入力情報の漏洩防止機能には、いくつかの制限があります。

  • この機能は、カスペルスキー プラグインがインストールされ、Web ブラウザーで有効になっている場合にのみ動作します。
  • 入力情報の漏洩防止 を有効にすると、 Internet Explorerオートコンプリート機能 が無効になります。
  • 入力情報の漏洩防止 は、以下の要件を満たす Web サイトでのみ動作します:
    • データ入力の保護を必要とする URL のリストに Web サイトが追加されている
    • Web サイトが保護されたブラウザーで開いている。または、Web サイトが通常使用するブラウザーで開いているが、入力情報の漏洩防止の[信頼リスト]に追加されている
    • Web サイトが 入力情報の漏洩防止の[信頼リスト]に追加されていない
    • アプリケーションの設定に従い、Web サイトが参照するカテゴリが入力情報の漏洩防止を要求する
    • Web サイトにパスワード入力のためのテキストボックスが含まれ、機能の設定で[すべての Web サイトのパスワード入力フィールド]がオンになっている
  • 入力情報の漏洩防止 は、 Google 日本語入力 がインストールされ、以下の条件と組み合わさった場合は動作しません:
    • コンピューターで Windows XPWindows Vista、または Windows 7 が動作している場合
    • テキストボックスがパスワードフィールドではない場合
  • 入力情報の漏洩防止 は、 ATOK がインストールされ、以下の条件と組み合わさった場合は動作しません:
    • コンピューターで Windows XP が動作している場合
    • テキストボックスがパスワードフィールドではない場合
  • 本製品は、以下の条件を満たすテキストボックスのみを保護します:
    • ボックスが 1 つの文字列フィールドで、 <input> HTML タグによって記述されている
    • テキストボックスが非表示でない、HTML の属性の type の値が hidden でない、CSS パラメータ display:none が要素に適用されていない
    • 入力フィールドが次の種類の要素ではない:submitradiocheckboxbuttonimage
    • 入力フィールドが email または number の要素ではない(Google Chrome および Mozilla Firefox に該当)。
    • 入力フィールドが読み取り専用ではない
    • 入力フィールドは、フォーカスを設定できる必要がある
    • フィールドに最大長(maxlength)が設定されている場合、入力されたテキストの長さは、3 文字以上にする必要がある
  • Mozilla FireFox 41.X では、入力情報の漏洩防止が動作するテキストボックスへの日本語入力が制限されます。 入力情報の漏洩防止(データ入力の保護)に必要なブラウザ要件

注記カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016インストール 後、コンピューターを再起動するまで、この機能は使用されるアプリケーションに関わらず、入力フィールドの最初の文字をインターセプトしません。

入力情報の漏洩防止機能または製品に問題が発生した場合は、マイ カスペルスキーサービスからカスペルスキーのテクニカルサポートにお問い合わせください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了