ウェブコントロールメッセージのテンプレートの編集

2024年7月8日

ID 128057

ユーザーがインターネットリソースへのアクセスを試みると、Kaspersky Endpoint Security ではウェブコントロールルールのプロパティで指定された処理の種類に応じて次の種類のいずれかのメッセージが表示されます(アプリケーションでは HTTP サーバー応答の代わりにメッセージを含む HTML ページが使用されます):

  • 警告メッセージ:このメッセージは、Web リソースの閲覧が推奨されないか企業ポリシーに違反することをユーザーに警告します。Kaspersky Endpoint Security では、この Web リソースを説明するルールの設定の[警告する]が選択されている場合に警告メッセージが表示されます。

    警告が誤検知だと考えられる場合は、警告のリンクをクリックすると、あらかじめ作成されたメッセージを企業ネットワークの管理者に送信できます。

  • Web リソースのブロックを通知するメッセージ:Kaspersky Endpoint Security では、この Web リソースを説明するルールの設定の[ブロック]を選択すると、Web リソースがブロックされたことを通知するメッセージが表示されます。

    Web リソースのブロックが誤検知だと考えられる場合は、Web リソースのブロックを通知するメッセージのリンクをクリックすると、あらかじめ作成されたメッセージを企業ネットワークの管理者に送信できます。

警告メッセージ、Web リソースのブロックを通知するメッセージ、LAN 管理者に送信するメッセージの専用テンプレートがあります。これらのテンプレートの内容を変更できます。

ウェブコントロールメッセージのテンプレートを変更するには:

  1. メインウィンドウで歯車の形をした製品設定アイコン をクリックします。
  2. 本製品の設定ウィンドウで、[セキュリティコントロール]→[ウェブコントロール]を選択します。

    ウェブコントロールの設定ウィンドウ。

    ウェブコントロールの設定

  3. テンプレート]ブロックで、ウェブコントロールのメッセージのテンプレートを設定します。
    • 警告:この入力フィールドには、Web リソースへの不正なアクセスに対し警告のルールが適用される際に表示されるメッセージのテンプレートが含まれています。
    • ブロックに関するメッセージ:入力フィールドには、Web リソースへのアクセスをブロックするルールが適用される際に表示されるメッセージのテンプレートが含まれています。
    • 管理者に送信するメッセージ:メッセージのテンプレートには、ブロックが誤検知だと考えられる場合に LAN 管理者に送信するメッセージのテンプレートが含まれています。ユーザーがアクセス権を要求した後、Kaspersky Endpoint Security は Kaspersky Security Center にイベントを送信します:Web ページへのアクセスブロックに関するメッセージが管理者に送信されました。このイベントの説明には、代用変数を含む管理者へのメッセージが含まれます。これらのイベントは、事前定義されたイベント抽出[ユーザー要求]を使用して Kaspersky Security Center コンソールで確認できます。組織で Kaspersky Security Center が導入されていない、または管理サーバーに接続されていない場合は、本製品は指定されたメールアドレスの管理者にメッセージを送信します。
  4. 変更内容を保存します。

関連項目:

デバイスコントロールメッセージのテンプレートの編集

アプリケーションコントロールのメッセージテンプレートの編集

アダプティブアノマリーコントロールのメッセージテンプレートの編集

暗号化ファイルアクセスメッセージのテンプレートの編集

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。