Windows デバイスおよび Mac デバイスでのマルウェアスキャンの設定

2024年5月17日

ID 141769

ユーザーのコンピューターに、情報を収集、送信して処理するサードパーティ製品がインストールされている場合、カスペルスキーのセキュリティ製品はこのサードパーティ製品を悪意のあるアプリケーションとして分類する可能性があります。これを回避するには、そのアプリケーションをスキャンから除外します。

Windows デバイスまたは Mac デバイスでマルウェアスキャンの実行スケジュールを設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 設定]セクションを選択します。

    Kaspersky Endpoint Security Cloud の全般設定ページが表示されます。

  3. マルウェアスキャンの設定]セクションで[設定]をクリックします。

    マルウェアスキャンの設定]ウィンドウが表示されます。

  4. マルウェアスキャンの設定]ウィンドウで、マルウェアスキャンを設定するデバイスのオペレーティングシステムに応じて、[Windows]または[Mac]をクリックします。

    既定では、[Windows]がオンです。

  5. セキュリティレベル]セクションで、レベルを選択します:
    • このレベルは、最も包括的な保護を提供します。Windows デバイスまたは Mac デバイスの感染のリスクが高い場合は、高レベルを選択します。

    • 中(推奨)

      このレベルは最適とされているため、ほとんどのユーザーに推奨されます。

      既定ではこのオプションが選択されます。

    • このレベルは、管理対象デバイスの最小の保護と最大のパフォーマンスを提供します。

  6. Windows デバイスの場合、[マルウェアスキャンを一時停止する]セクションで、必要に応じて、[マルウェアスキャンの一時停止を許可する(コンピューターのスリープ時を除く)]をオンにします。

    既定では、このチェックボックスはオフです。

  7. マルウェアスキャンタスクの実行モード]セクションで、モードを選択します:
    • セキュリティ製品の起動時

      この設定は、Mac デバイスにのみ関連します。ユーザーの Mac デバイスで製品がスタートした後、スキャンが自動的に開始されます。

    • スケジュールで指定

      設定したスケジュールに従ってスキャンが自動的に開始されます。このオプションを選択した場合、[「「スケジュールで指定」モードの設定]セクションで、マルウェアスキャンのスケジュールを設定します。

      Mac デバイスの場合、このオプションは既定でオンです。

    • 手動

      ユーザーが自身の Windows デバイスまたは Mac デバイスで手動でスキャンを実行します。この場合、ユーザー自身でマルウェアスキャンを実行する頻度と時間を選択します。

      Windows デバイスの場合、このオプションは既定でオンです。

  8. マルウェアスキャンの詳細設定]セクションで、マルウェアスキャン実行の詳細を設定します:
    • スキップしたタスクを実行する

      このチェックボックスをオンにすると、デバイスで実行されなかったスケジュールのスキャンタスクが実行されます(電源がオフになっていたかアクセスできなかった場合)。このチェックボックスをオンにすると、デバイスの電源を入れた後に、実行されなかったスキャンがそれぞれ実行されます。

      Windows デバイスでは、このチェックボックスは既定でオフです。Mac デバイスでは、既定でオンです。

    • スキャンタスクの開始時間をランダム化する間隔を自動的に決定

      このチェックボックスをオンにすると、デバイスでのマルウェアスキャンを正確なスケジュールに従って実行するのではなく、指定した時間間隔内でランダムに実行します。このチェックボックスをオンにすると、分散開始の間隔がタスクの作成時に自動的に計算されます。計算の結果は、タスクに割り当てられる Windows デバイスまたは Mac デバイスの台数によって異なります。

      Windows デバイスでは、このチェックボックスは既定でオンです。Mac デバイスでは、既定でオフです。

      分散開始の時間間隔は、[スキャンタスクの開始時間をランダム化する間隔を自動的に決定]をオフにし、[タスクの開始を次の時間範囲内でランダムに遅延させる(分)]をオンにすると変更できます。タスクの分散開始により、タスクの開始時に、Windows デバイスまたは Mac デバイスから Kaspersky Endpoint Security Cloud への多数の同時リクエストを回避できます。既定では、[タスクの開始を次の時間範囲内でランダムに遅延させる(分)]はオフになっています。

    • 次の時間を超える場合はタスクを停止する(分)

      この設定は、Windows デバイスにのみに関連します。マルウェアスキャンの時間間隔を制限し、他のタスクのために Windows デバイスのリソースを解放するには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにした場合、マルウェアスキャン時間の制限を 1 分から 999 分までの間隔で設定します。時間制限を超えると、スキャンは強制的に中止されます。

      既定では、このチェックボックスはオフです。

  9. マルウェアスキャンの設定]ウィンドウの下部にある[保存]をクリックします。

Windows デバイスおよび Mac デバイスでのマルウェアスキャンは、指定された設定に従って実行されます。

必要に応じて、Windows デバイスと Mac デバイスでマルウェアスキャンを手動で開始および停止することもできます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。