2019 年 4 月より前に購入したライセンスについて

2024年5月17日

ID 150552

バージョン 8.0 がリリースされる前(2019 年 4 月より前)に Kaspersky Endpoint Security Cloud ライセンスを購入した場合、本製品で提供される機能や仕様は次の通りです:

  • 次の機能を使用できます:
    • ファイル脅威対策
    • メール脅威対策
    • ウェブ脅威対策
    • ネットワーク脅威対策、ファイアウォール、ふるまい検知、脆弱性攻撃ブロック、修復エンジン
    • 脆弱性診断
    • ホスト侵入防止
    • デバイスコントロール
    • ウェブコントロール
  • ライセンスはデバイスごとに使用しますが、それ以降のライセンスはユーザーごとのライセンスを使用します。
  • Kaspersky Business Hub の[会社タブと[ライセンスタブには、ライセンスに基づいてソフトウェアを使用するユーザーの数ではなく、管理対象デバイスの数に関する情報が表示されます。

Kaspersky Endpoint Security Cloud のライセンスを 2019 年 4 月以降に購入した場合、使用可能な機能のセットはライセンスに応じて異なります

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。