ネットワークエージェントのパスワードによる保護の設定

2024年5月17日

ID 241177

ネットワークエージェントのパスワード保護を設定して、ユーザーのデバイスからネットワークエージェントが誤って削除されないように保護し、デバイス上で Kaspersky Endpoint Security for Windows の適切な動作を維持することができます。

この設定は、すべての管理対象デバイスに同時に適用されます。

ユーザーのデバイスのネットワークエージェントのパスワード保護を設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 設定]セクションを選択します。

    Kaspersky Endpoint Security Cloud の全般設定ページが表示されます。

  3. ネットワークエージェントの設定]セクションで[設定]をクリックします。

    ネットワークエージェントの設定]ページが開きます。

  4. 既定では、パスワードによる保護は無効になっています。パスワードによる保護を有効にするには、スイッチを[パスワード保護が有効です]に切り替えます。
  5. ネットワークエージェントをデバイスから削除するためにユーザーが入力する必要があるパスワードを指定します。
  6. 保存]をクリックします。

ネットワークエージェントの削除はパスワード保護されます。

さらに、Kaspersky Endpoint Security for Windows のパスワード保護を設定して、デバイスにインストールされているセキュリティ製品の機能と設定の管理へのユーザーアクセスを制限できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。