パッチ管理の概要

2024年5月17日

ID 153116

Kaspersky Endpoint Security Cloud では、Windows を実行中のユーザーデバイスにインストールされたアプリケーションのアップデート(デバイスで検知されたソフトウェアの脆弱性を修正するパッチを含む)を管理できます。

この機能は、Kaspersky Endpoint Security Cloud Plus または Pro を使用可能なライセンスで Kaspersky Endpoint Security Cloud をアクティベートした場合にのみ使用できます。

Kaspersky Endpoint Security Cloud は、脆弱性検知スケジュールが定義された後でのみ、適用可能なアップデートの検索を開始します。

検出されたアップデートのリストを表示し、アップデートのインストールを設定できます。

インストールが必要なアップデートを承認し、インストールしないアップデートはスキップできます。たとえば、アップデートのインストールによってアプリケーションの誤動作が発生した場合は、アップデートの承認を却下することもできます。

アプリケーションが現在実行されているためにこのアプリケーションのアップデートをインストールできない場合、デバイスユーザーにソフトウェアを閉じるよう要求されます。以降の動作は、ユーザーの応答によって異なります:

  • ユーザーがアプリケーションを閉じると、アップデートのインストールが続行されます。
  • ユーザーが要求をスキップすると、アップデートのインストールは続行されますが、デバイスの再起動が必要になる場合があります。
  • ユーザーが要求をキャンセルすると、アップデートのインストールは失敗し、次回のスケジュールされた時間に再試行されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。