Windows デバイスおよび Mac デバイスでの定義データベースのアップデートの設定

2024年5月17日

ID 141772

Windows デバイスまたは Mac デバイスで定義データベースのアップデートを設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 設定]セクションを選択します。

    Kaspersky Endpoint Security Cloud の全般設定ページが表示されます。

  3. 定義データベースのアップデート設定]セクションで[設定]をクリックします。

    定義データベースのアップデート設定]設定ページが表示されます。

  4. 定義データベースのアップデート設定]ページで、定義データベースのアップデートを設定するデバイスのオペレーティングシステムに応じて、[Windows]または[Mac]をクリックします。

    既定では、[Windows]がオンです。

  5. 定義データベースのアップデートモード]セクションで、アップデートモードを選択します:
    • セキュリティ製品の起動時

      ユーザーの Windows デバイスまたは Mac デバイスで製品が起動すると、アップデートが自動的に開始されます。

      Windows デバイスでこのオプションを選択した場合、[「「セキュリティ製品の起動時」モード設定]セクションでは、製品の起動後、アップデートのダウンロードが開始されるまで経過する時間間隔を指定します。既定では、デバイスの電源がオンになるとセキュリティ製品が起動し、すぐに定義データベースのアップデートを開始します。デバイスのリソースをより柔軟に使用するために、定義データベースのアップデートを延期することができます。

    • スケジュールで指定

      設定したスケジュールでアップデートが自動的に開始されます。このオプションを選択した場合、[「「スケジュールで指定」モードの設定]セクションで、アップデートを開始するスケジュールを設定します。

      既定ではこのオプションが選択されます。

    • 手動

      ユーザーが手動でデバイスでのアップデートを開始します。この場合、デバイスユーザー自身で定義データベースのアップデートの頻度と時間を選択します。

      ユーザーが Windows デバイスで定義データベースのアップデートを手動で実行する必要がある場合は、Kaspersky Endpoint Security for Windows のローカルインターフェイスでタスクを管理できるようにします。次の操作を行います:

      1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
      2. セキュリティ管理]→[セキュリティプロファイル]の順に選択します。

        セキュリティプロファイル]セクションには、Kaspersky Endpoint Security Cloud で設定されたセキュリティプロファイルのリストが表示されます。

      3. リストから、必要なセキュリティプロファイルを選択します。

        セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウには、すべてのデバイスで使用可能な設定が表示されます。

      4. Windows]グループで、[詳細]セクションを選択します。
      5. エンドユーザーとの対話]セクションで[設定]をクリックします。
      6. スイッチを[マルウェアスキャンとアップデートタスクの管理が許可されています]に切り替えます。
  6. 定義データベースアップデートの詳細設定]セクションで、次を設定します:
    • スキップしたタスクを実行する

      このチェックボックスをオンにすると、スケジュール設定されたアップデートの開始時に電源がオフになっていた、またはアクセスできなかったデバイスに、実行されなかったアップデートがダウンロードされます。アップデートは、デバイスで定義データベースのアップデートが実行されなかった原因が取り除かれた直後に開始されます。

      既定では、このチェックボックスはオフです。

    • スキャンタスクの開始時間をランダム化する間隔を自動的に決定

      このチェックボックスをオンにすると、デバイスでの定義データベースのアップデートを正確なスケジュールに従って実行するのではなく、指定した時間間隔内でランダムに実行します。このチェックボックスをオンにすると、分散開始の間隔がタスクの作成時に自動的に計算されます。計算の結果は、タスクに割り当てられる Windows デバイスまたは Mac デバイスの台数によって異なります。

      既定では、このチェックボックスはオンです。

      分散開始の時間間隔は、[スキャンタスクの開始時間をランダム化する間隔を自動的に決定]をオフにし、[タスクの開始を次の時間範囲内でランダムに遅延させる(分)]をオンにすると変更できます。タスクの分散開始により、タスクの開始時に、Windows デバイスまたは Mac デバイスから Kaspersky Endpoint Security Cloud への多数の同時リクエストを回避できます。既定では、[タスクの開始を次の時間範囲内でランダムに遅延させる(分)]はオフになっています。

    • 次の時間を超える場合はタスクを停止する(分)

      この設定は、Windows デバイスにのみに関連します。このチェックボックスをオンにして、Windows デバイスで定義データベースをアップデートする時間の間隔を制限します。Windows デバイス上の定義データベースをアップデートする制限を、1 分から 999 分までの間隔で設定できます。アップデート時間の制限を超えた場合、定義データベースのアップデートは強制的に停止されます。

      既定では、このチェックボックスはオフです。

  7. 定義データベースのアップデート設定]ページの下部にある[保存]をクリックします。

Windows デバイスおよび Mac デバイスでの定義データベースのアップデートは、指定された設定に従って実行されます。

必要に応じて、Windows デバイスと Mac デバイスで定義データベースのアップデートを手動で開始や停止することもできます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。