管理サーバーデータのバックアップタスクの設定

2024年7月15日

ID 147016

バックアップタスクを作成したら、タスク設定を設定できます。

管理サーバーデータのバックアップタスクを設定するには:

  1. コンソールツリーで、[タスク]フォルダーを選択します。
  2. 管理サーバーデータのバックアップのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。

管理サーバーデータのバックアップタスクのプロパティウィンドウが開きます。次の機能を使用できます:

  • 全般

    全般]セクションでは、タスク名を指定し、タスクの作成日、最後のコマンドの日付、タスクの起動のステータス、およびタスクの結果を表示できます。

  • 通知

    通知]セクションでは、タスクを保存するための設定を指定したり、タスクの実行結果に関する通知を設定したりできます。

  • スケジュール

    スケジュール]セクションでは、タスク開始のスケジュールを指定できます。

  • 保存先

    保存先]セクションでは、管理サーバーデータのバックアップコピーを保存するフォルダーへのパスを指定できます。

  • 設定

    設定]セクションでは、必要に応じて、バックアップ保護パスワードとバックアップコピーの数を設定できます。

    %ALLUSERSPROFILE% フォルダを保存している論理ディスクのシャドウコピーを作成し、管理サーバー定義データベースをコピーすることもできます。これを行うには、[データのバックアップにファイルシステムスナップショットを使用する]をオンにし、スナップショットを作成する権限を持つアカウントの名前とパスワードを指定する必要があります。

  • セキュリティ

    セキュリティ]セクションでは、管理サーバー上で操作を実行する権限をユーザーとグループに付与できます。[管理サーバーから設定を継承する]がオンになっている場合、タスクのセキュリティ設定は管理サーバーから継承されます。

    このオプションがオフの場合、タスクのセキュリティ設定を編集できます。タスクへの適用と同様に、ロールをユーザーまたはユーザーのグループに割り当てたり、権限をユーザーまたはユーザーのグループに割り当てることができます。

    既定では、[管理サーバーから設定を継承する]がオンになっています。

  • 変更履歴

    変更履歴]セクションでは、タスクの変更を追跡できます。オブジェクトに変更を加えるたびに、リビジョンが作成されます。

関連項目:

管理サーバーの設定のバックアップと復元

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。