管理プラグインの使用

2024年3月18日

ID 269226

カスペルスキー製品は、管理プラグインを使用して管理コンソールで管理します。Kaspersky Security Center で管理できるカスペルスキー製品には、管理プラグインが含まれています。アプリケーションの管理プラグインを使用すると、管理コンソールで次の処理を行うことができます:

  • アプリケーションポリシーと設定、およびアプリケーションタスクの設定の作成および編集
  • クライアントデバイスから受信したアプリケーションタスク、アプリケーションイベント、およびアプリケーション動作の統計データに関する情報の取得

インストールされているプラグインとそのバージョンのリストを確認するには:

  1. 管理コンソールツリーで、[管理サーバー <Server_name>]を右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  2. 詳細]→[インストール済みアプリケーション管理プラグインの詳細情報]をクリックします。

インストールされている管理プラグインとそのバージョンのリストが右側のペインに表示されます。

Kaspersky Security Center の初期セットアップ中に管理サーバーのクイックスタートウィザードを実行する場合、管理対象アプリケーションのプラグインをインストールできます。また、管理プラグインを手動でインストールすることもできます。

管理プラグインを手動でインストールするには:

  1. カスペルスキーテクニカルサポート Web ページから、カスペルスキー製品の管理プラグインと必要なバージョン(たとえば、Kaspersky Endpoint Security for Windows 12.3)をダウンロードします。
  2. 管理コンソールが実行中の場合は、閉じます。
  3. ダウンロードしたプラグインファイルを解凍し、ファイル klcfginst.msi または klcfginst.exe を実行します。ウィザードの指示に従ってください。
  4. インストールが完了したら、管理コンソールを実行し、前の手順で説明したように、インストールされているプラ​​グインのリストにプラグインが表示されていることを確認します。

管理プラグインを削除するには:

  1. 管理コンソールが実行中の場合は、閉じます。
  2. Windows レジストリエディタを開きます。
  3. 次のライセンスを見つけます:
    • 32 ビットシステムの場合は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KasperskyLab\Components\28\Plugins
    • 64 ビットシステムの場合は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\KasperskyLab\Components\28\Plugins

    ライセンスには、インストールされた管理プラグインが含まれています。各プラグインの DisplayName 値にはプラグイン名が含まれ、UninstallString 値にはプラグインをアンインストールするコマンドが含まれます。

  4. アンインストールするプラグインのライセンスを見つけて、その UninstallString 値をクリップボードにコピーします。
  5. 値をコマンド文字列に貼り付け、システム管理者権限で実行します。

管理プラグインのバージョンは、カスペルスキー管理対象アプリケーションのバージョンよりも前であってはなりません。デバイス上のカスペルスキー製品をアップデートする場合は、同じバージョンの管理プラグインをインストールする必要があります。

以前のバージョンのプラグインで作成されたポリシーを開くと、Kaspersky Security Network に関する声明に同意するよう求められます。

Kaspersky Security Center Web コンソールをアンインストールすると、すべての管理プラグインもアンインストールされます。

管理対象アプリケーションのバージョンよりも新しいバージョンのプラグインでポリシーを開いて保存すると、ポリシーがアップデートされ、以前のバージョンのプラグインでは開くことができなくなります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。