カスペルスキー製品の定義データベースとソフトウェアモジュールのアップデートでの差分ファイルの使用

2024年5月20日

ID 175487

Kaspersky Security Center Linux がカスペルスキーのアップデートサーバーからアップデートをダウンロードする時、差分ファイルを使用することでトラフィックが最適化されます。また、ネットワーク内の他のデバイスからアップデートを取得するデバイス(管理サーバー、ディストリビューションポイント、クライアントデバイス)についても、差分ファイルの使用を有効化できます。

差分ファイルのダウンロード機能の概要

差分ファイルには、定義データベースファイルまたはソフトウェアモジュールファイルの異なる 2 バージョン間の変更点のみが含まれています。完全な定義データベースファイルまたはソフトウェアモジュールファイルよりも差分ファイルの方が容量が小さいため、差分ファイルを使用することで社内ネットワークのトラフィック量を軽減できます。管理サーバーまたはディストリビューションポイントで[差分ファイルのダウンロード]機能が有効になっている場合、該当する管理サーバーまたはディストリビューションポイントに差分ファイルが保存されます。これにより、この管理サーバーまたはディストリビューションポイントからアップデートを取得するデバイスでは、保存されている差分ファイルを使用して定義データベースとソフトウェアモジュールのアップデートを実行できます。

差分ファイルをより効果的に使用するには、デバイス側でのアップデートスケジュールを、アップデートの取得元となる管理サーバーやディストリビューションポイント側のアップデートスケジュールと同期することを推奨します。ただし、このような設定を行わなくても、デバイス側のアップデート頻度がアップデートの取得元となる管理サーバーやディストリビューションポイント側のアップデート頻度より低いだけでもトラフィックの軽減につながります。

ディストリビューションポイントは差分ファイルの自動配信に IP マルチキャストを使用しません。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

差分ファイルのダウンロード機能の有効化:シナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。