ネットワークエージェントをインストールする SUSE Linux Enterprise Server 15 デバイスの準備

2024年5月20日

ID 228278

SUSE Linux Enterprise Server 15 オペレーティングシステムのデバイスにネットワークエージェントを準備するには:

ネットワークエージェントのインストール前に、次のコマンドを実行します:

$ sudo zypper install insserv-compat

これにより、insserv-compat パッケージのインストールと、ネットワークエージェントの適切な設定が可能になります。

rpm -q insserv-compat コマンドを実行し、パッケージがインストール済みかどうかをチェックします。

多くの SUSE Linux Enterprise Server 15 デバイスがネットワークに存在する場合、会社のインフラストラクチャを設定、管理する専用のソフトウェアを使用できます。このソフトウェアを使用することで、必要なすべてのデバイスに insserv-compat パッケージを一度に自動的にインストールできます。たとえば、Puppet、Ansible、Chef を使用したり、独自のスクリプトを作成したりできます。都合のよい方法を使用してください。

デバイスに SUSE Linux Enterprise の GPG 署名ライセンスがない場合は、次の警告が表示される場合があります。Package header is not signed!警告を無視するには、[i]をオンにします。

SUSE Linux Enterprise Server 15 デバイスの準備が完了したら、ネットワークエージェントを配信してインストールします。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。