アーキテクチャ

2024年5月20日

ID 4531

このセクションでは、Kaspersky Security Center のコンポーネントとコンポーネント間の連携について説明します。

管理者は、Web コンソールを使用して管理サーバーを管理できます。管理サーバーは、カスペルスキーのアップデートサーバーからアップデートを受信し、KSN サーバーと情報を交換し、Windows および Linux で動作するクライアントデバイスにアップデートを配布します。

Kaspersky Security Center Linux のアーキテクチャ

Kaspersky Security Center Linux は主に次のコンポーネントで構成されています:

  • Kaspersky Security Center Web コンソール:Kaspersky Security Center により管理されているクライアント組織のネットワークの保護システムの構築や管理が可能な Web インターフェイスです。
  • Kaspersky Security Center 管理サーバー(以降「サーバー」とも表記):組織のネットワークにインストールされているアプリケーションおよびその管理方法に関する情報を一元的に保管します。
  • カスペルスキーのアップデートサーバー:カスペルスキーの HTTP サーバーで、カスペルスキー製品はこれらのサーバーから定義データベースやソフトウェアモジュールのアップデートをダウンロードします。
  • KSN サーバー:ファイル、Web リソース、ソフトウェアの評価情報が定期的に更新されるカスペルスキーのデータベースを格納するサーバー。Kaspersky Security Network を使用することで、カスペルスキー製品がより迅速に新しい脅威に対応します。また、一部の保護コンポーネントのパフォーマンスが向上し、誤検知の可能性が減ります。
  • クライアントデバイス:Kaspersky Security Center Linux によって保護されているクライアント企業のデバイス。保護する必要がある各デバイスには、カスペルスキーのセキュリティ製品のいずれかがインストールされている必要があります。

関連項目:

Kaspersky Security Center Linux コンポーネントとセキュリティ製品の対話:詳細

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。