インストールパッケージ

2024年5月20日

ID 92447

最初に説明するアプリケーションのインストール設定を定義する主な方法は汎用性があり、Kaspersky Security Center Linux のツールおよび多数のサードパーティ製のツールを使用した、すべてのインストール方法に適しています。この方法は、Kaspersky Security Center Linux にアプリケーションのインストールパッケージを作成する処理から構成されています。

インストールパッケージを作成するには、次の方法を使用します:

  • 含まれている記述子を基にして、指定した配布パッケージから自動的に作成(インストールと結果分析のルール、およびその他の情報を含む kud 拡張子のファイル)
  • 標準またはサポートされているアプリケーションのインストーラーの実行ファイルまたはネイティブ形式(.msi、.deb、.rpm)のインストーラーから

作成されたインストールパッケージは、サブフォルダーとファイルが格納されているフォルダーとして階層的に編成されます。インストールパッケージには元の配布パッケージの他に、編集可能な設定(インストールを完了するために必要なオペレーティングシステムの再起動を処理するための、インストーラーの設定とルールを含む)と小規模な予備モジュールが含まれています。

サポートされている個別のアプリケーションに固有のインストール設定の値は、インストールパッケージの作成時に Kaspersky Security Center Web コンソールのユーザーインターフェイスで定義できます。Kaspersky Security Center Linux のツールを使用してアプリケーションをリモートインストールする際には、インストールパッケージをデバイスに配布します。これで、アプリケーションのインストーラーを実行することにより、すべての管理者定義の設定がアプリケーションで使用できるようになります。カスペルスキー製品のインストールにサードパーティ製のツールを使用する際に必要になるのは、デバイスでインストールパッケージ全体(つまり、配布パッケージとその設定)を使用できるようにすることだけです。Kaspersky Security Center Linux によってインストールパッケージが作成され、共有フォルダーの専用サブフォルダーに保存されます。

インストールパッケージの設定では、特別な権限を持つアカウントを指定しないでください。

Microsoft Windows のグループポリシーを使用した導入はサポートされていません。

Kaspersky Security Center Linux のインストール直後には、自動的にいくつかのインストールパッケージが作成されます。これらのインストールパッケージはインストールの準備が完了しており、Microsoft Windows 用のネットワークエージェントパッケージとセキュリティ製品パッケージを含んでいます。

インストールパッケージのプロパティでアプリケーション用のライセンスを設定できますが、インストールパッケージへの読み取り権限は簡単に取得されてしまうため、このライセンス配信方法は避けるのが適切です。この場合、ライセンスの自動配信またはライセンスのインストールタスクを使用する必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。