管理サーバーと Kaspersky Security Center Web コンソール

2024年5月20日

ID 178949

Kaspersky Security Center Web コンソールサーバーは、TLS ポート TCP 8080 を介して OpenAPI との接続を確立します。管理サーバーは、TLS ポート TCP 13299 を介して OpenAPI 経由で Kaspersky Security Center Web コンソールサーバーから接続を受信します。

管理サーバーと Kaspersky Security Center Web コンソール

スキーマについては、下表を参照してください。

管理サーバーと Kaspersky Security Center Web コンソール(トラフィック)

デバイス

ポート番号

ポートを開くプロセスの名前

プロトコル

ポートの目的

管理サーバー

13299

klserver

TCP (TLS)

Kaspersky Security Center Web コンソールから OpenAPI 経由での管理サーバーへの接続を受信する

Kaspersky Security Center Web コンソールサーバーまたは管理サーバー

8080

Node.js: Server-side JavaScript

TCP (TLS)

Kaspersky Security Center Web コンソールから接続を受信する

Kaspersky Security Center Web コンソールは管理サーバーと同じデバイスにインストールすることも、別のデバイスにインストールすることもできます。

関連項目:

対話スキームで使用される表記規則

Kaspersky Security Center Linux コンポーネントとセキュリティ製品の対話:詳細

Kaspersky Security Center Linux で使用するポート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。