タスクのエクスポート

2024年5月20日

ID 240599

Kaspersky Security Center Linux を使用すると、タスクとその設定を KLT ファイルに保存できます。この KLT ファイルを使用して、Kaspersky Security Center Windows と Kaspersky Security Center Linux の両方に保存したタスクをインポートできます。

タスクをエクスポートするには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[タスク]の順に選択します。
  2. エクスポートするタスクの横のチェックボックスをオンにします。

    複数のタスクを同時にエクスポートすることはできません。複数のタスクを選択すると、[エクスポート]が無効になります。管理サーバーのタスクもエクスポートできません。

  3. エクスポート]をクリックします。
  4. 表示される[名前を付けて保存]ウィンドウで、タスクファイルの名前とパスを指定します。[保存]をクリックします。

    名前を付けて保存]ウィンドウは、Google Chrome、Microsoft Edge、または Opera を使用している場合にのみ表示されます。別のブラウザーを使用する場合、タスクファイルは自動的に[Downloads]フォルダーに保存されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。