Kaspersky Security Center Web コンソールの証明書の置き換え

2024年5月20日

ID 184363

既定では、Kaspersky Security Center Web コンソールサーバー(単に「Kaspersky Security Center Web コンソール」とも表記)をインストールすると、Web コンソールのブラウザー証明書が自動的に生成されます。必要に応じて、自動的に生成された証明書をカスタム証明書で置き換えることができます。

Kaspersky Security Center Web コンソールの証明書をカスタム証明書で置き換えるには:

  1. Kaspersky Security Center Web コンソールのインストールに必要な新しい応答ファイルを作成します。
  2. このファイルには、certPath パラメータおよび keyPath パラメータを使用してカスタム証明書ファイルとライセンス情報ファイルのパスを指定します。
  3. 新しい応答ファイルを使用して Kaspersky Security Center Web コンソールを再インストールします。次のいずれかの手順を実行します:

指定した証明書を使用して Kaspersky Security Center Web コンソールが動作するようになります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。