暗号化レポートの作成と表示

2024年5月20日

ID 195130

次のレポートを作成できます:

  • 管理対象デバイスの暗号化ステータスレポート:様々な管理対象デバイスのデータ暗号化について詳細を確認できます。たとえば、暗号化ルールが設定されたポリシーが適用されるデバイスの数が表示されます。また、再起動が必要なデバイスの数なども確認できます。さらに、各デバイスの暗号化技術とアルゴリズムに関する情報も含まれています。
  • 大容量ストレージデバイスの暗号化ステータスレポート:管理対象デバイスの暗号化ステータスレポートと類似の情報が含まれますが、大容量ストレージデバイスとリムーバブルドライブのデータのみが表示されます。
  • 暗号化されたドライブへのアクセス権に関するレポート:暗号化されたドライブへのアクセス権を持つユーザーアカウントが表示されます。
  • ファイル暗号化のエラーに関するレポート:デバイスでデータの暗号化または復号化タスクを実行した時に発生したエラーの情報を含みます。
  • 暗号化されたファイルへのアクセスのブロックに関するレポート:暗号化されたファイルへのアクセスのブロックに関する情報を含みます。このレポートは、暗号化されたファイルやドライブに不正なユーザーまたはアプリケーションがアクセスしようとした場合に役立ちます。

監視とレポート]→[レポート]セクションの順に移動して、レポートを生成できます。または、[操作]→[データ暗号化と保護機能]セクションの順に移動して、次の暗号化レポートを生成できます:

  • 大容量ストレージデバイスの暗号化ステータスレポート
  • 暗号化されたドライブへのアクセス権に関するレポート
  • ファイル暗号化のエラーに関するレポート

データ暗号化と保護機能]セクションで暗号化レポートを生成するには:

  1. インターフェイスのオプションで、[データ暗号化と保護機能の表示]がオンであることを確認します。
  2. メインメニューで、[操作]→[データ暗号化と保護機能]の順に移動します。
  3. 次のいずれかのセクションを開きます:
    • 暗号化されたドライブ:大容量ストレージデバイスの暗号化ステータスレポート、または暗号化されたドライブへのアクセス権に関するレポートが生成されます。
    • 暗号化イベント:ファイル暗号化エラーのレポートが生成されます。
  4. 生成するレポートの名前をクリックします。

レポート作成が開始されます。

関連項目:

シナリオ:ネットワーク保護の設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。