DBMS の選択

2024年5月20日

ID 92403

次の表に、有効な DBMS オプションとその使用上の推奨事項と制限事項を示します。

DBMS に関する推奨事項と制限事項

DBMS

推奨事項と制限事項

MySQL(サポートされているバージョンを参照

20,000 台未満のデバイスに対して単一の管理サーバーを実行する場合は、この DBMS を使用してください。

MariaDB(サポートされているバージョンを参照

20,000 台未満のデバイスに対して単一の管理サーバーを実行する場合は、この DBMS を使用してください。

PostgreSQL、Postgres Pro(サポートされているバージョンを参照

50,000 台未満のデバイスに対して単一の管理サーバーを実行する場合は、この DBMS を使用してください。

選択した DBMS のインストール方法については、該当製品のマニュアルを参照してください。

ソフトウェアインベントリタスクを無効にし、(Kaspersky Endpoint Security ポリシーの設定で)起動したアプリケーション上の管理サーバーの通知を無効にすることを推奨します。

PostgreSQL または Postgres Pro DBMS をインストールする場合は、スーパーユーザーのパスワードを指定したことを確認してください。パスワードが指定されていない場合、管理サーバーがデータベースに接続できない可能性があります。

MariaDBPostgreSQL、または Postgres Pro をインストールする場合は、DBMS が適切に機能するように推奨設定を使用してください。

関連項目:

DBMS に使用するアカウント

はじめに

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。