Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスターノードの Kaspersky Security Center Linux のアップグレード

2024年5月20日

ID 239488

旧バージョンの管理サーバーがインストールされているすべての Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスターノードに、管理サーバーバージョン 15 をインストールできます(バージョン 14 以降)。バージョン 15 にアップグレードすると、以前のバージョンの管理サーバーのデータと設定がすべて維持されます。

以前にデバイスに Kaspersky Security Center Linux をローカルにインストールした場合は、インストールファイルまたはバックアップを使用して、これらのデバイスの Kaspersky Security Center Linux をアップグレードすることもできます。

Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスターノードの Kaspersky Security Center Linux をアップグレードするには:

  1. カスペルスキーの Web サイトから、バージョン 15 の完全なパッケージを含む Kaspersky Security Center Linux インストールファイルをダウンロードします:
    • RPM ベースのオペレーティングシステムを実行しているデバイスの場合 — ksc64-<バージョン番号>-<ビルド番号>.x86_64.rpm
    • Debian ベースのオペレーティングシステムを実行しているデバイスの場合 — ksc64_<バージョン番号>-<ビルド番号>_amd64.deb
  2. クラスターを停止します
  3. クラスターのアクティブノードで、管理サーバーで使用するパッケージマネージャーを使用して、インストールパッケージをアップグレードします。

    たとえば、ルート権限を持つアカウントで、コマンドラインターミナルを使用して次のコマンドを使用できます:

    • RPM ベースのオペレーティングシステムのデバイスの場合:

      $ sudo rpm -Uvh --nodeps --force ksc64-<バージョン番号>-<ビルド番号>.x86_64.rpm

    • Debian ベースのオペレーティングシステムのデバイスの場合:

      $ sudo dpkg -i ksc64_<バージョン番号>-<ビルド番号>_amd64.deb

    コマンドが正常に実行されると、/opt/kaspersky/ksc64/lib/bin/setup/postinstall.pl スクリプトが作成されます。これに関するメッセージがターミナルに表示されます。

  4. アップグレードされた管理サーバーを設定するには、/opt/kaspersky/ksc64/lib/bin/setup/postinstall.pl スクリプトを実行します。
  5. コマンドラインターミナルに表示される使用許諾契約書とプライバシーポリシーを読みます。使用許諾契約書とプライバシーポリシーの諸条件すべてに同意する場合:
    1. 「Y」と入力して、EULA の諸条件をすべて読み、理解した上で条項に同意することを確認します。
    2. 「Y」ともう一度入力して、データの取り扱い方法を記載しているプライバシーポリシーをすべて読み、理解した上で条項に同意することを確認します。

    「Y」と 2 回入力すると、製品のデバイスへのインストールが続行されます。

  6. 「2」を入力して、アップグレードするノードを選択します。

    下の図は、最後の 2 つの手順を示しています。

    「Y」と入力して EULA とプライバシーポリシーの条項に同意し、コマンドラインターミナルで管理サーバーのインストールモードを選択する

    EULA とプライバシーポリシーの条項に同意し、コマンドラインターミナルでインストールモードを選択する

    次に、スクリプトにより管理サーバーのアップグレードが設定され、終了します。アップグレード中は、アップグレード前に変更した管理サーバーの設定は変更することができません。

  7. パッシブノードで手順 3 ~ 5 を実行します。

    ステップ 6 で、「3」を入力してノードを選択します。

  8. クラスターを開始します

    クラスターは任意のノードで開始できることに注意してください。パッシブノードでクラスターを起動すると、それがアクティブノードになります。

    この結果、Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスターのノードに最新版の管理サーバーがインストールされました。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。